■プロフィール

sumaimachi

Author:sumaimachi
住まいとまちづくりコープ 
       代表 千代崎一夫
1992年に住まいの事は何でも相談できる場として、事務所を設立。主にマンションや団地などを総合的に診断し、長期営繕計画作成、大規模改修工事企画、監理、規約や管理システム見直し、管理組合顧問などをしています。

〒174-0072
板橋区南常盤台1-38-11
福興電気1階
TEL 03-5986-1630
FAX 03-5986-1629
メール 
sumaimachi@sumaimschi.net 

■検索フォーム

■最新記事
■カテゴリ
■今日の天気は?


-天気予報コム- -FC2-

■リンク
■月別アーカイブ
■最新トラックバック

■最新コメント

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宅建資格者への法定研修の講師をしました。
 7月6日(金)に(社)不動産保証協会千葉県本部主催の宅建資格者への法定研修があり講師をつとめてきました。教育研修委員長の推薦があって防災のお話をしてきました。
 テーマは「業者から見た防災力~防災力を高めて震災に備える~」
 その講義の中で、文章にできなくて口頭でしか発言しなかったことがありますので、ここに記します。

実際に不動産業で仕事をしている方はどのようにしたらいいのでしょうか。

外からですが、考えて見ました。

エンドユーザーですと、災害のことを考えれば被災者にならないためにどうするかということです。
地震でも、津波でも、液状化でも、水害でも共通です。

仕事として考えると「被害者にも加害者」にもならないということではないでしょうか。

個人として考えれば当然エンドユーザーということですので、自分も家族も被災をしない、災害が起きても被害がない、殆どない

そのために知識を得る。

生活感覚を磨く。

実際に身体を動かして、そしてその現場のことを考えてみる。

こういう時代でも不動産業の一員であることを誇れるためのネットワークをつくる。


 

 
 

スポンサーサイト
住まい | 15:45:31
耐震補強をアラフォーマンションでも
住み続けて安心「アラフォーマンションの魅力」

  3月5日(土)13時30分~14時30分 下板橋駅前集会所2階洋室 参加費1000円

 11階建て60戸、築39年のアラフォーマンションが、学習会をしたり、制度を調べたりして4年間かけて住民合意をし、耐震診断・耐震補強(第一期)を行いました。
その過程では、建物の安全だけでなく、住む人の安心のコミュニティも生まれました。
管理組合の方のご協力をいただき映像も含めて、ご紹介します。
 *このブログのカテゴリー「耐震診断・耐震補強」で掲載しています。

上記の呼びかけでの第74回住まいとまちづくり講座が開かれました。

お住まいの方からは前副理事長・現監事のKさんが出席されお話をしていただきました。

 私からの13年前のきっかけから、4年前の耐震に関する一連の活動、完了した第1期の耐震補強工事についての話をしました。
 耐震診断耐震補強をおこなった「I設計のIさん」「施工のK建設の現場監督であったSさん」から構造の話と工事上の話がされました。
 参加者は26名で、多様な方々でした。マンション住民、耐震ドアメーカー、マンション管理士、管理会社職員、リフォーム会社の職員、設計者などが参加されました。
 自分のマンションは大丈夫かということや仕事としてこういうことをやろうか、声はかかるがどのような仕事になるのかなどの様々な関心のあり方でした。
 耐震補強がなかなか進まない中で、助成も受けない形でできたのはお住まいの方々の気持ちとコーディネートをさせてもらった私たちの共同の力でできたことは大変うれしく思っています。

 心配な方はまずはご相談ください。





住まい | 01:07:08
C.W.ニコルさんの話を聞きました。
東京の木・いえづくり協議会と東京都に主催で「講演会&パネルディスカッション」が開かれました。テーマは「東京の森林からの贈り物ー大切にしたい木のある生活」で、講演はC.W.ニコルさんで(財)C.W.ニコルアファンの森の紹介も含めて自然の大切さを話されました。多摩の林業については池谷キワ子さんが話されて2人と司会者のトークショーが前半です。
 後半は製材所経営者、林業家、工務店主、環境コンサルタントらのパネルディスカッションでした、私と高本明生さんがフロアから発言をして議論の盛り上げを助けました。
ニコルアファンの森にも行きたくなりましたし、多摩の森にも行きたくなりました。
 ただ住まい手も設計者も登壇しないのにはがっかりしました。「いえづくり」といっても林業振興の観点からのような気がしました。林業振興も必要なことです。「都民の酸素は多摩の森がつくっている」ということで理解は得られると思います。
 木造住宅にはもちろんマンションで共用部にも住戸部分にもふんだんに使ってみたいですね。
 板橋区の予想では戸建て住宅は1割、集合住宅は9割という比率です。1割しかない戸建て住宅での話より視点を変えてみたいものです。

住まい | 23:15:26
欠陥住宅の勉強会に出席してきました。
欠陥住宅関東ネットの「コンクリートのひび割れと瑕疵」というテーマの学習会に参加してきました。
弁護士の高木秀治氏が「報告と問題提起」がありました。
ひびは幅ではなく深さの方で瑕疵かどうかを判断するというのは、分かっていたことですが、なるほどと思いました。
判例も2例の紹介した報告でそちらは違う分野なので知識が増えました。
弁護士さんがこのような勉強をされているのはとても力強く感じました。

住まい | 21:43:45

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。